スポンサーリンク

NiziUがボランティア活動でテディベアを手作り!メイク・ア・ウィッシュとは?EDMってなに?

NiziUボランティアメイク・ア・ウィッシュEDM

NiziU(ニジュー)がボランティア活動として、ぬいぐるみを手作りしている様子が公式インスタグラムにアップされました。

そこで、本日は、

  • NiziUが参加したメイク・ア・ウィッシュって何?
  • 支援先はどこ?
  • EDMって何?

こんな内容を調べてみました。

NiziUの想いに賛同したい場合は、寄付として支援に参加することもできます!

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

NiziUが参加したメイク・ア・ウィッシュの活動内容は?EDMって何?

NiziUが参加したボランティア活動の投稿はこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんにちは‼︎NiziUのAYAKAです🌷♡ みんなとボランティア活動でぬいぐるみを作りました‼︎🧸💙 ぬいぐるみを初めて作ったのですが、綿が入る量がとても多くてびっくりしました😳😳😳 ぬいぐるみを作るのも楽しかったし、なによりもこのようなイベントに参加できて嬉しかったです♡ 今回みいひは学校の用事で一緒に作ることができなかったので次は一緒に参加できるといいな‼︎👍🏻 大切に作ったので、喜んでもらえると嬉しいです☺️♡♡ 안녕하세요 NiziU의 아야카입니다~🌷♡ 이번에 다 같이 봉사활동에서 위시베어 만들기를 했습니다!!🧸💙 곰돌이 만들기를 처음 해서 솜이 들어가는 양이 너무 많아서 깜짝 놀랐어요😳😳😳 곰돌이 만드는 것도 재미있고 더불어 좋은일도 하고 너무 뿌듯했어요♡ 하지만 이번에 미이히는 학교때문에 같이 만들 수 없어서 아쉬웟어요ㅠ💦다음에는 같이 참가할 수 있으면 좋겠습니다!!👍🏻 소중하게 만들었으니까 기뻐해 주시면 좋겠어요☺️♡♡ #NiziU #AYAKA

NiziU(@niziu_artist_official)がシェアした投稿 –

天使の羽がはえたテディベアを手作りした様子。

羽根部分にはメンバーのサイン入りなんですね!

(ミイヒちゃんは学校の用事で残念ながら不参加だったようです)

このテディベアはウィッシュベアと呼ばれるそうです。

NiziUが参加した団体は「メイク・ア・ウィッシュ」という非営利団体です。

「メイク・ア・ウィッシュ」とは英語で「ねがいごとをする」という意味のボランティア団体です。3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されました。メイク・ア・ウィッシュは独立した非営利のボランティア団体で、宗教的、政治的団体ではありません。

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは上記のように子どもたちに勇気を与える事に加え、社会における非営利組織の存在の重要性を自覚し、社会貢献の「場」を提供する有意義な存在となることを目指しています。かかるポリシーに基づきメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは、コンプライアンス(法令厳守)を積極的に取り入れ、法令に違反しないことはもちろんのこと、非営利組織として不相当な不祥事やクレームなどがないよう積極的に自主改革に取り組んでいきたいと考えています。

引用元:メイク・ア・ウィッシュジャパン公式ホームページ

難病と闘っている子供たちの夢を後押しして叶える団体なのですね。

 

NiziUのメンバーが手作りしたウィッシュベアも、

「K-popスターに会いたい。」

「NiziUに応援してほしい」

と願う子供たちの手元に届けられるといいなぁ!

メイク・ア・ウィッシュの活動履歴

メイク・ア・ウィッシュは韓国だけではなく、日本・アメリカなど世界42か所に支部があり活動しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆彡 World Wish Day® 40周年キャンペーン☆彡 5歳のKalleくんは警察官になることを夢見ていますが、今はまだ少し若すぎるようです。デンマークで一番大きな警察署に赴いたKalleくん。「交通警察」に挑戦し、任務に加わりました。夢の実現後、Kalleくんはお母様に言われるまで警察の制服を何日も手放さなかったとか! この不安定な日々の中で難病と闘っている子ども達へ、より多くの希望を届けることができるよう応援をお願いいたします。 Wishes need stars like you.™ #WorldWishDay #MakeAWish cc-onskefonden

makeawishofjapan(@makeawishjapan)がシェアした投稿 –

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆彡 World Wish Day® 40周年キャンペーン☆彡 今日は、夢をかなえたMunaさんのウィッシュストーリーと、ご家族の言葉を紹介いたします。 11年前のクリスマスイブ、2歳のときにイタリアの家庭に養子として迎えられたMunaさんにとって、サンタクロースに会うことは特別な夢でした。12月、フィンランドを訪れたMunaさんとご家族は、雪に覆われた森の中で「本物」のサンタクロースに会うことができました。 夢の実現後、Munaさんのお父様は次のようにお話しくださいました。「すべてに感謝していますが、何よりも、希望を捨てずに夢を信じることの大切さを娘に教えてくれたことに感謝します!」 Munaさんの詳しいウィッシュストーリーやお写真は、Make-A-Wish Italiaのホームページでもご覧いただけます。 https://www.makeawish.it/emozioni/muna-2018/ 夢の実現を待つ子どもたちのために、どうか皆様のお力をお貸しください。Wishes need stars like you.™ #MakeAWish #worldwishday

makeawishofjapan(@makeawishjapan)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

松尾夢華さん(18歳)の夢、『赤いドレスを着て、ミッキーと写真を撮りたい』がかないました。 夢華さんは中学3年生の時に、骨肉腫、骨のガンと宣告を受けました。厳しい抗がん剤治療に励むも、昨年の秋には左足を切除という重い決断を余儀なくされ、今は義足の生活です。スポーツ万能だった夢華さんにとって、左足を失うという事実は何よりも辛いことでした。しかし常に前向きな夢華さんは、小中学生時代にやっていたバスケットボール競技の経験をかわれ、車いすバスケットボール競技の県代表選手としても選ばれチャレンジすることに!さらには全国大会への出場も果たしました。 そんな夢華さんの夢は『赤いウエディングドレスを着てミッキーと写真を撮りたい…』 「今は相手がいないけど、赤いドレスを着てミッキーと並んで写真が撮れたら最高!」と、この日の為にドレスも準備しました。 夢華さんは3人姉妹、2人兄弟の大家族で、ご一行は修学旅行のように賑やかです。ミート・ミッキーに入ると、ミッキーは待ちきれなかったよ!とばかりに夢華さんをウエルカムしてくれます。ミッキーの衣装と同じ赤色のドレスに、ミッキーも大喜びしてくれました。ミッキーからの握手、キスやハグのプレゼントに夢華さんもテンションMaxではしゃぎます。夢の実現、魔法の瞬間をしっかりとカメラに収めました。憧れのミッキーと最高の一枚もパシャリ♪ しかし、夢の時間はまだまだ終わりません!翌日は宿泊先のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル様のご好意により、ウエディングトレスを着てチャペルで家族写真を撮るサプライズもご用意いただいていたのです。衣装室に並ぶ数あるドレスの中から、本日夢華さんが選んだのは優しいミントグリーンのドレス。プロの方に着付けからメイクまでしていただき、気分はすっかり花嫁です。神聖な雰囲気のクリスタルチャペルの扉を開けると、たくさんのホテルのスタッフの皆様が夢華さんのためにチャペルに集まり、大きな拍手で祝福してくれました。普段は薬を飲んで痛みを抑えている夢華さんですが、感動のあまり不思議と痛みも忘れてしまったそうです。 ひとつの夢の発信から、たくさんの方々の想いがつながり、かなったスペシャルな3日間に、『魔法にかかったような夢の時間だね、ゆめ!』と、3姉妹の会話も聞こえてきました。夢華さんと、ご家族の皆様の心からあふれ出す笑顔は周りの人たちも大きな幸せで包んでくれました。常に明るく前向きな夢華さん! 素敵な笑顔をどうもありがとう!

makeawishofjapan(@makeawishjapan)がシェアした投稿 –


NiziU以外にもたくさん夢を応援するアーティストが参加しているようですね。

https://twitter.com/ko_ri_gt7/status/1159082776001273859
https://twitter.com/renrensoh/status/1231156304967659521

ウィッシュベアのロゴになっているEDMってなに??

NiziUボランティアウィッシュベアEDM

ウィッシュベアのロゴになっているEDMとは「Every Dreams Matters」の略で、「全ての夢は大切」という意味です。

メイク・ア・ウィッシュは子供たちの夢をただ、叶えてあげるというわけでありません。

子供たち自身が夢を持ち、叶える力を持っていることを尊重しつつ、叶えるためのお手伝い(サポート)をしているんですね。

スポンサーリンク

メイク・ア・ウィッシュの寄付したい場合は?JYP専用ホームページがある?

もしも、メイク・ア・ウィッシュの想いに賛同したい場合は寄付をして支援することができます。

メイク・ア・ウィッシュジャパンの公式ホームページからも可能です。

JYP専用のホームページ【JYP_EDM】

NiziUウィッシュベアEDMボランティア

引用:JYP_EDMの公式ホームページ

JYP_EDMの公式ホームページはこちらになります。

JYP_EDMウィッシュホームページ

NiziUの先輩TWICEやStray Kidsも参加しています。

メイク・ア・ウィッシュを通して誰かの夢を応援してみたい!!

以上、NiziUがボランティア活動を行ったメイク・ア・ウィッシュのご紹介でした。

虹プロジェクトを見ていた方なら、誰かの夢を応援したい!という気持ちがきっとあると思います。

JYPの専用ホームページでは過去の活動も詳しく見ることができるのでぜひチェックしてみてくださいね。

これからもNiziUの情報をアップしていきたいと思います!

ぜひTwitterをフォローしてくださると嬉しいです!>><@NiziUWithU5

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました